Prev  «  [ 2017/11 ]   1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » Next
プロフィール

のりたま

Author:のりたま
結婚して、10年目にして子どもを出産。

ハマ(横浜)で子どもを産んで育てる備忘録。

子どもが4カ月から働いています、
毎日バタバタ。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Load to 認可保育園(2)と産前の仕事のはなし


前回から続きです→Load to 認可保育園(1)

-----
妊娠が分かって、
役所に母子手帳をもらいにいくのですが、
その時にどこなら保育園の説明が
聞けるのかをチェックしていました。

母子手帳をもらって、
普通はハッピーな気持ちになるのでしょうが、
私の場合は少し淡々としていました。

もちろん嬉しかったのですが、
一旦初期に流産をした経験があったので、少し冷静でした。
(そのときは妊娠が分かったとたんに、切迫流産になり自宅療養となり、そのあとすぐに亡くなりました・・・。
 なので母子手帳はもらえませんでした)


保育園の情報も早く得なくてはと思ったのですが、
やはり流産するかもしれないと頭をよぎったので、
まずは5か月ぐらいまで体調の様子をみていくことしました。

---------

前回のエントリーに書いたとおり、
妊娠がわかった当月で仕事は終了となったのですが、
体調もよかったこともあり、
できるだけ出産近くまで働きたいと気持ちがありました。

仕事を探す際にはお腹が目立っていなかったので、
妊娠を隠して仕事をさがすのも手だったかもしれません。

ですが、私は高齢妊婦だし、
何かあってからじゃ遅いと思い、
隠さずに仕事を探しました。

ありがたいことに、
友人の会社で外注を探しているからやってみないかと言われたり、
その後、短期の派遣で2社仕事をさせてもらいました。

派遣の2社については、
双方とも妊婦を受け入れたことのある会社だったので、
採用をしてくださったらしいです。
(7、8カ月と仕事をさせてもらった会社の上司は、
 お子さんが生まれたばかりだったから余計に理解があった)


一方、「保活」ですが、
妊娠5カ月ぐらいになって、
役所の保育園担当部署から書類をもらい、
隅から隅まで読む日々。

わからないことがあれば、
電話なり、直接役所にいって質問をするようにしました。

つづく。
 

テーマ : 保育園
ジャンル : 育児

C

omment


検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。